審査の甘い銀行系の消費者金融はどこか?

スポンサードリンク

銀行系の消費者金融について

インターネットで消費者金融探しをしていると必ず「銀行系の消費者金融」という言葉を目にします。

 

 

では実際に「銀行系の消費者金融」って一体どんな消費者金融なのでしょうか?

 

 

『銀行系の消費者金融』とは・・・・・・=銀行グループ傘下の消費者金融です

 

 

まぁ、簡単に説明するとバックの会社が銀行である消費者金融です。

 

 

もっと簡単に説明すると「銀行の子会社の消費者金融」です。

 

 

銀行系の消費者金融は主に大手の消費者金融がそれに当たります(例外もありますが)

 

 

テレビのコマーシャルを見てもお分かりの通り大手の消費者金融「ア○ム」、「プ○ミス」、「レ○ク」などそうですね。

 

ア○ムの場合は三菱東京UFJ銀行グループをアピールしておりますし、プ○ミスの場合は三井住友銀行グループ(SMBCコンシューマーファイナンス)をアピールしております。

 

一方で、レ○クの場合は新生銀行グループをアピールしております。

 

 

上記の3社は三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、新生銀行などの大手銀行がバックについている

 

ちなみに大手でア○フルの一社だけは銀行グループの傘下には入らず独立系の消費者金融です。

 

 

 

ただ、銀行系の消費者金融会社もあくまでも「銀行系」であり「銀行」ではありません。

 

つまり銀行グループ(銀行傘下)のノンバンクが銀行系の消費者金融です。

 

 

 

従って純粋な銀行カードローンや銀行ローンとは違います。(やっている事は同じフリーローンですが・・・)

 

管轄の法律が違うのです。

 

 

 

銀行系の消費者金融はあくまでもノンバンクなので「貸金法」の法律の管轄です。

 

一方で、銀行ローンや銀行カードローンは「貸金法」の法律は適用されず「銀行法」の法律の管轄です。

 

 

その違いがありますので混同しないようにしましょう。

 

 

 

 

なぜ大手の消費者金融会社の多くが銀行系(銀行グループの傘下)になったのか?

 

 

ではなぜ、大手の消費者金融は銀行グループの傘下に入り銀行系消費者金融になったのか?

 

それは、一時期金融業界で荒れた「過払い金請求」が原因です。

 

 

 

以前はグレーゾーンの高金利でお金を貸していた大手、中堅、中小消費者金融会社ですが、多くの債務者(お客)からの過払い金請求(払い過ぎの利息)の返還で会社の経営がピンチになりました。

 

ちなみに、大手の「武富士」は過払い金請求が原因で倒産しました。

 

 

 

それ以外の中堅消費者金融や中小消費者金融も過払い金請求問題で多くが業界から姿を消しました(倒産した)

 

もしくは大手に吸収合併された所もあります。

 

 

 

大手のア○ム、プ○ミス、ア○フル、レ○ク、ノー○ーンなどのメジャーな消費者金融会社も過払い金請求問題で経営体力を著しく無くし倒産寸前まで行きました。

 

その生き残りの為に大手都市銀行のグループ傘下に入って命拾いをしたという経緯があります。

 

 

唯一ア○フルだけは銀行傘下に入らず独立系消費者金融会社として踏ん張り現在に至ります。

 

銀行カードローンとは?(銀行系消費者金融の違いは?)

銀行カードローンとは、銀行が発行するフリーローン型のカードローンです。

 

 

銀行カードローンは、担保・保証人不要のフリーローンなので、実質は消費者金融と何らサービスは変わりません。

 

『銀行カードローン』と洒落た名前を付けていますが(笑)、ぶっちゃけ、やっていることは消費者金融を同じです。

 

 

カードローン契約後、最寄りのコンビニエンスストアや銀行などのATMからいつでも気軽にお金を借りたり返済できたりします。

 

 

ただ、消費者金融と銀行カードローンは、法律の管轄が違います。

 

 

消費者金融は「貸金法」の管轄。

 

銀行カードローンは「銀行法」の管轄。

 

 

 

だから銀行のカードローンは消費者金融の管轄である貸金法の「総量規制」の規制は受けません。

 

総量規制では通常、「年収の3分の1を超える消費者金融等の借金は出来ない」という法律がありますが、銀行カードローンは管轄外なので無関係です。

 

 

最近よく「総量規制対象外のカードローン」というキャッチフレーズで宣伝をしている人が多いですが、これは正に「銀行カードローン」を指しているんですね。

 

 

 

銀行カードローンの特徴と消費者金融の違いは以下の通りです

 

 

1)消費者金融よりも全体的に金利が安い

 

 

2)最大限度額が消費者金融よりも多い

 

 

3)総量規制の縛りを受けない(年収の3分の1を超える融資も可能)

 

 

4)無職の専業主婦も配偶者が安定収入あれば融資が可能(配偶者の同意書は不要)

 

 

5)審査基準が消費者金融よりもやや厳しめ

 

 

 

以上の銀行カードローンは上記の特徴と消費者金融との違いがあります。

 

 

 

審査基準は消費者金融よりも厳しめとありますが、これも少し疑問ではあります。

 

世の中の銀行カードローンの大半は「アルバイト、パートOK」となっております。

 

 

 

つまり非正規雇用者への融資にも対応しています。

 

アルバイトやパートでも借りれるくらいですから、銀行カードローンもそれほど審査が厳しいとは言えないでしょう。

 

 

感覚的には消費者金融よりもチョッピリ審査が難しいと言った感じでしょうね(チョッピリね・・・)

 

 

また、ある銀行のカードローンでは、審査業務は消費者金融会社が行っている事も多い。

 

表面上の業務は銀行だけど、与信は消費者金融がやっている・・・・・だから審査も消費者金融と変わらない銀行カードローンもあります。

 

 

銀行系の審査が甘い消費者金融記事一覧

水商売でも銀行系消費者金融で借りれるか?

果たして水使用杯でも銀行系の消費者金融の審査に通りますか?銀行系でお金が借りれますか?大丈夫だと思います。勿論、全ての水商売の人が審査に通るとは限りませんが、この業種でも実際に借りれている人はいます。収入の安定性、勤続年数が長い人、正社員待遇で働いている人ならば審査に通る事もあります。水商売でも銀行...

≫続きを読む

 

銀行系消費者金融は他社借入何件までOKか

消費者金融でお金を借りたい人は出来れば大手か銀行系で借りたいと望んでおります。これを読んでいるあなたもおそらくそうだと思いますよね?私も消費者金融でお金を借りたい時は銀行系で借りたいと思っています。・・・というか、現在既に銀行系で60万円位借りております(笑)やっぱり銀行系は安心感がありますし、カー...

≫続きを読む

 

専業主婦でも借りれる銀行ローン

専業主婦が借りれる銀行ローンって少なそうに見えて意外に多いのをご存知ですか?普通の消費者金融や信販系のカードローン、クレジットカードのキャッシングは今では専業主婦の方はほとんど借りれません。・・・いや、、ほとんど借りれないどころか「全く借りれない」と言った方が正確かもしれません。それだけ今の消費者金...

≫続きを読む

 

アルバイトでも借りれる銀行系消費者はどこか?

お金を借りるならやはり出来るだけ安心して借りれるところが理想ですよね?一般的にはお金を借りる場合は消費者金融のお世話になる事が多いですが、借りる側も出来るだけ安心して借りれるところを選ぶ傾向があります。これは正社員として働いている人でもアルバイトとして働いている人でも同様です。安心してお金が借りれる...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク