銀行系の消費者金融は水商売でも審査が通るか?借りれるか?

スポンサードリンク

銀行系の消費者金融に水商売が審査に通るか?お金を借りれるか?

果たして水使用杯でも銀行系の消費者金融の審査に通りますか?

 

銀行系でお金が借りれますか?

 

 

 

 

大丈夫だと思います。

 

勿論、全ての水商売の人が審査に通るとは限りませんが、この業種でも実際に借りれている人はいます。

 

 

収入の安定性、勤続年数が長い人、正社員待遇で働いている人ならば審査に通る事もあります。

 

 

 

水商売でも銀行系の消費者金融で借りれる

 

 

水商売のお仕事の代表的な例は・・・・キャバクラ、ホストクラブ、クラブホステス、スナック、その他飲み屋のフロアレディ、ボーイ、黒服

 

などなどですね。

 

 

インターネットのキャッシング情報などでは「水商売は消費者金融で借りれない」とか「水商売はキャッシングは不利」という内容のサイトもよく見かけます。

 

 

確かに一般のサラリーマンや公務員に比べると水商売のお仕事に携わっている人は審査が不利なのは否めません。

 

 

しかし、『水商売は借りれない』というのは言い過ぎであります。

 

 

なぜなら、実際に水商売の人でも銀行系を含め消費者金融でお金を借りれている人が沢山いるからです。

 

 

また、ネットの掲示板や口コミ情報、ヤフー知恵袋などのQ&Aサイトを閲覧しても水商売でも銀行系の消費者金融でお金が借りれている事例を多く見かけます。

 

 

 

その事を総合すると、水商売でも銀行系の消費者金融でお金が借りれるといえます。

 

 

ただ、全ての水商売の人が消費者金融でお金が借りれるとは限りません。

 

これは水商売だけに限らず一般のサラリーマンやアルバイト、パート、自営業者なども同じことが言えますよね?

 

 

「借りれる人」、「借りれない人」・・・・この二手に分かれます。

 

 

 

水商売の方で銀行系の消費者金融で借りれない人は「過去に延滞歴、破産歴、債務整理歴など金融事故歴がある人」・・・・いわゆるブラックリスト者です。

 

 

あと、他社の消費者金融やローン、クレジットカードのキャッシングなどで何件も借りている多重債務者も厳しいでしょう。

 

 

そして、水商売の中で一番審査が通り難いタイプは、やはり「収入安定性に欠ける人」です。

 

 

ただでさえ、一般のサラリーマンよりも収入安定性に不安のある水商売の方ですから、銀行系の消費者金融も審査時にその点をしっかりとチェックするはずです。

 

 

水商売の方が銀行系の消費者金融で審査に通るには「勤続年数の長さ」と「収入証明の提示」、「居住場所と居住年数」・・・この2つがネックになります。

 

 

勤続年数が長ければ長い程、仕事が定着しており収入も安定していると評価されますので審査に有利です。

 

 

また源泉徴収票など昨年の年収を証明できる書類など提出できれば、少なくとも勤続1年以上は働いていて、尚且つ安定収入を得ていると評価されて審査も通りやすいでしょう。

 

 

居住年数も定住度が高ければ高い程、「返済不能による夜逃げリスク」が少なくなるので審査では多少高いスコアリングをしてくれます。

 

 

要は・・・・・『仕事の安定性、収入安定性、居住の安定性』を証明できれば水商売でも銀行系の消費者金融で借りれるという事です。

銀行のカードローンに水商売は審査が通るか?

水商売の方が銀行カードローンでお金を借りる事は可能でしょうか?

 

水商売でも審査に通るでしょうか?

 

 

 

 

全く無理だとは言えませんが、水商売の方が銀行カードローンの審査に通るのは難しいといえましぉう。

 

 

勿論、審査が通りお金を借りれる水商売の人もいますが、全体的に少ないでしょう。

 

 

よほどの収入安定性を証明できる人だけだと思います。

 

 

 

 

銀行系の消費者金融よりも、銀行カードローンの審査の方が少し難しくなります。

 

 

銀行カードローンは、サービス内容こそ消費者金融と同じ無担保・無保証人のフリーローンです。

 

 

しかし、銀行カードローンは厳密にいえば「銀行のローン」の一種です。

 

 

 

つまり消費者金融の属する「貸金法」ではなく、「銀行法」に属するローンサービスです。

 

 

銀行のカードローンは銀行独自の審査基準に則って審査が行われますので水商売の方がカード発行や融資を受けるのは少し厳しいでしょう。

 

 

 

ただ、銀行カードローンの中でも審査業務を消費者金融会社が請け負っている所があります。

 

そういう所を利用すれば、水商売でも審査が通る場合もあります。

 

 

銀行系消費者金融でに審査が通らない、借りれない水商売の人の特徴

水商売の方でも銀行系の消費者金融の審査に通る人、通らない人がいます。

 

 

審査に通らない人の特徴や共通点を知っていれば、どんな水商売の人が審査に通るかおのずと分かるでしょう。

 

 

 

(審査に通らない水商売の人は・・・)

 

1)勤続年数が短い

 

水商売の仕事は入れ替わりが激しい。

 

新しく仕事を始める人も多ければ辞める人も多い。

 

勤続年数が短い人(半年以内)は審査通過は難しいでしょう。

 

勤続年数1年未満も厳しいかもしれません。

 

 

 

2)収入証明書が提出できない

 

去年の源泉徴収票が提出できればベスト(少なくとも勤続年数1年以上を証明できるから)

 

しかし過去数か月分の給料明細だけでは、収入証明は弱いといえます

 

 

 

3)居住が安定していない

 

最低、勤続年数1年以上は欲しいところ。

 

水商売で多いのは「彼氏と同棲」、「友達のところに居候」、「水商売の寮」などです。

 

これらは定住していると評価されないので審査通過は厳しいでしょう。

 

 

一番審査が通りやすいのは「家族と同居」している水商売です

 

 

 

4)過去に訳ありの金融事故歴がある

 

他社で2か月以上の長期延滞、債務整理歴、破産歴あるいわゆるブラックリスト者は水商売に限らず消費者金融の審査では難しいといえます。

 

 

5)既に借金が多い

 

他社の消費者金融、ローン、クレジットカードの借金などある人は当然、審査に不利です。

 

これは水商売に限らずどの職業でも同じです。

 

 

6)短期間で多くの消費者金融で申し込んでいる

 

過去3ヵ月以内に4社以上の消費者金融に申込みしている人。

 

個人信用情報機関に申込み履歴が記録されております。

 

そういう人は審査に不利です。

 

これは水商売に限らず全ての人に共通しております。

スポンサードリンク

関連ページ

銀行系消費者金融は他社借入何件までOKか
やはり借りるなら安心の銀行系。 この銀行系の消費者金融は他社借入何件までOKか?
専業主婦でも借りれる銀行ローン
総量規制対象外で専業主婦がサクッと借りれる銀行カードローンがあるのをご存知ですか?
アルバイトでも借りれる銀行系消費者はどこか?
借りるならば銀行系消費者金融。低属性のアルバイト、非正規雇用者でも銀行系の消費者金融でお金を借りることが可能か?