専業主婦でも借りれる銀行ローンをズバリ紹介

スポンサードリンク

専業主婦が借りれる銀行ローンは意外に多い

専業主婦が借りれる銀行ローンって少なそうに見えて意外に多いのをご存知ですか?

 

 

普通の消費者金融や信販系のカードローン、クレジットカードのキャッシングは今では専業主婦の方はほとんど借りれません。

 

・・・いや、、ほとんど借りれないどころか「全く借りれない」と言った方が正確かもしれません。

 

 

 

それだけ今の消費者金融業界は専業主婦には冷たい時代なのです。

 

 

 

今まで専業主婦でも融資はウエルカム状態だった消費者金融会社が総量規制の法律が制定されてからは手のひらを返して貸さなくなりました。

 

 

これは信販会社もクレジットカードキャッシング枠でも同様です

 

「専業主婦が借りたければ旦那の同意書を持ってこい!」・・・・そんな時代になってしまったのです

 

 

 

しかし、なぜか銀行だけは未だに専業主婦はウエルカム状態!!

 

意外に知らない専業主婦の人も多いですが、無担保、無保証人、旦那に内緒でお金を借りたい場合は身近の銀行カードローンを使えば良いのです。

 

 

 

銀行カードローンならば旦那さんに内緒で30万円くらいまでは借りれます。

 

意外に穴場なんですね。

 

 

 

そう、専業主婦が借りるなら銀行の総量規制対象外のカードローンで借りればいいんですね!

 

正直いって消費者金融やクレジットカードキャッシング枠よりもずっと金利も安くてお得です。

 

これを使わない手はありません!

 

 

 

ではなぜ、消費者金融やクレジットカードキャッシング枠、信販系カードローンは専業主婦がダメなのに銀行カードローンだけはOKなのか?

 

それは管轄している法律の違いです。

 

 

 

総量規制は「貸金法」の規制です。

 

貸金法の管轄は「消費者金融会社」、「信販会社」、「クレジットカードのキャッシングの部分」などが貸金法のルールに従わなければなりません。

 

 

 

一方でh銀行カードローンの場合は貸金法の管轄ではありません。

 

「銀行法」の管轄です。

 

 

 

銀行法では専業主婦が銀行カードローンで借りてはいけないという規制はありません。

 

また、貸金法の総量規制のルールに従う必要もありません。

 

だから総量規制対象外と呼ばれるのです。

 

 

 

ちなみに総量規制対象外の銀行カードローンは全国に数多くあります。

 

大手のメガバンク系の都市銀行にもカードローンサービスがあります。

 

 

中堅の地方銀行にもカードローンサービスがあります。

 

 

 

また信用銀行や信用組合などの中小銀行にもカードローンサービスがあります。

 

 

最近新しく登場したインターネットバンキング・・・・いわゆるネット銀行でもカードローンサービスがあります。

 

 

 

これらのほとんどが総量規制対象外で専業主婦も融資が可能となっています。

 

大抵の銀行カードローンは専業主婦の方でも担保保証人不要で30万円位までは借りれます。

 

 

またこれらの総量規制対象外の銀行カードローンは専業主婦にメリットがあるだけでなく、普通に一般サラリーマンやアルバイト、パートの方にも利用メリットは大きいです。

 

金利が割安ですし、限度額も多め、そして年収の3分の1を超える融資も可能です。

 

 

 

消費者金融会社やクレジットカードキャッシング枠が従わなければならない総量規制では、「年収の3分の1ルール」というのがあります。

 

つまり年収の3分の1を超えて融資が出来ないということです。

 

 

しかし銀行カードローンの場合は総量規制対象外なので「年収3分の1ルール」は適用されません。

 

 

 

年収3分の1を超える融資も法律上は可能ということです。

 

実際は年収の50%位までは借りれるとのことです。

 

 

 

金利面でも限度額面でも銀行カードローンは消費者金融よりもメリットが大きいですね。

スポンサードリンク

関連ページ

水商売でも銀行系消費者金融で借りれるか?
水商売の方が銀行系の消費者金融に申し込んでも果たして審査が通るモノだろうか?
銀行系消費者金融は他社借入何件までOKか
やはり借りるなら安心の銀行系。 この銀行系の消費者金融は他社借入何件までOKか?
アルバイトでも借りれる銀行系消費者はどこか?
借りるならば銀行系消費者金融。低属性のアルバイト、非正規雇用者でも銀行系の消費者金融でお金を借りることが可能か?