職業別で借りやすい審査の甘い消費者金融

スポンサードリンク

職業によって審査通過率、可決率、限度額が変わる消費者金融の審査

消費者金融は各会社によって審査基準が異なります。

 

 

また、お客さんの職業によっても審査結果が変わって来ます。

 

 

なぜかと言いますと・・・世の中の色々な職業には収入の高い職業もあれば収入の低い職業もあります。

 

 

 

当然ですが、年収の低い職業よりも年収の高い職業の方が審査に通りやすいです。

 

また、更に年収が毎月〜毎年安定していれば尚審査が通りやすいといえます。

 

 

 

消費者金融会社は、お客の収入安定性と返済能力を重要視します。

 

 

『返済能力=収入の高さ+収入安定性』・・・・です。

 

 

 

収入の高さと収入安定性は車の両輪みたいなもので、いずれも欠けていては消費者金融の審査に通り難くなってしまいます。

 

 

 

従って、消費者金融で審査通過率、可決率が良いと思われる職業は「公務員」、「大手企業のサラリーマン」、「専門職のサラリーマン」などが当てはまるのではないでしょうか。

 

実際に大手企業のサラリーマンや公務員、専門職のサラリーマンの人達は消費者金融で簡単にお金を借りれております。

 

 

逆に収入が低くて、収入が不安定な職業の人は消費者金融の審査は不利と言えます。

 

 

 

具体的に収入が低くて、不安定の職業とは、「アルバイト」、「パート」、「派遣バイト」などのフリーター職です。

 

また派遣社員や契約社員なども収入が不安定な職と判断されます。

 

 

これらは非正規雇用者と言われていて、正規雇用者(正社員)に比べると消費者金融の審査に不利だといえます。

 

 

 

アルバイトはいつ辞めるか分かりませんし、収入も時給や日給制で賃金が決まります。

 

基本的に賞与(ボーナス)や社会保険、福利厚生、お手当などもありません。

 

 

 

正社員に比べて必然的に収入が少なく、不安定となります。

 

 

従って非正規雇用者(アルバイト、パート、派遣バイト、派遣社員、契約社員)は正規雇用者(正社員、公務員)に比べると消費者金融の審査は不利と言えます。

 

 

 

また、限度額面でも正規雇用者と非正規雇用者では差が付きます。

 

当然ですが正社員などの正規雇用者の方が多くの限度額を契約できます。

 

 

 

自営業者も、消費者金融からは「収入が不安定な職」と評価されますので、サラリーマンや公務員に比べて審査が不利です。

 

 

 

そして、一般的に消費者金融の審査に有利なサラリーマン(正社員)や公務員も職業(職種)によって審査通過率、可決率、限度額が変わります。

 

 

例えば、ホワイトカラー(一般職、事務職)のサラリーマンとブルーカラー(ガテン系、肉体労働系)のサラリーマンとでは同じ正社員でも審査の通過率が異なりますし、限度額も異なります。

 

 

 

当然ですがホワイトカラーの一般職、事務職のサラリーマンの方が審査に有利でブルーカラーは審査に不利です。

 

 

なぜならば、ブルーカラーの職業は離職率が高いので収入安定性に欠けるからです。

 

 

またブルーカラーの職業は事故や怪我のリスクも高いです。

 

怪我や事故で仕事が出来なくなると収入が途絶えて借金の返済も厳しくなるからです。

 

 

 

そういう意味でも同じ正社員でもホワイトカラーの方がブルーカラーよりも審査に有利と言えましょう。

 

 

 

あと「営業職」

 

 

 

特に固定給ではなく出来高制(歩合制)など営業成績に収入が左右される職業はたとえ正社員でも消費者金融の審査はやや不利となります。

 

営業職は固定給の一般職よりも収入の安定性に欠けますからね。

 

 

 

以上、職業や職種、勤務形態にも色々ありますが、それぞれ審査の通過率や可決率、限度額が変わる事がご理解頂けたかと思います。

 

 

お金を借りたい方は、要は自分の職業や勤務形態でも審査に通りやすい消費者金融を的確に選んで申し込むことが大事かと思います。

職業別〜審査の甘い消費者金融記事一覧

警察官に審査の甘い消費者金融

警察官は消費者金融が利用できないという「噂」をよく聞きます。また警察官は警察官という職業の為に消費者金融の審査が通らないとか・・・。これは、あくまでも噂でありデマであり都市伝説といえます。警察官だからと言って消費者金融の審査が通らないとか借りれないということはありません審査が通らないどころか、審査に...

≫続きを読む

 

弁護士が簡単に借りれる消費者金融

弁護士ときくと「社会的地位の高いい職業」、「ステイタスの高い職業」、「高収入の職業」・・・・そんなイメージを持つ人も多いかと思います。従って、弁護士さんが消費者金融でお金を借りるなんて想像する人はいないでしょう。「過払い金請求」をする弁護士さんのイメージを抱く人は多いかと思いますが・・・。しかし、実...

≫続きを読む

 

自衛隊に審査の甘い消費者金融(電話の在籍確認なしで)

自衛隊は公務員の一種です。従って消費者金融側からすれば優良客ということになります。なので自衛隊の方が消費者金融からお金を借りる事は十分可能であるし、実際に自衛隊の方で消費者金融でお金を借りている人もいます。しかし、自衛隊はその職業の特殊性から、借金をする事に対して色々と問題もありますそれは、消費者金...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク