自営業者は信販系の消費者金融で借りれるか?

スポンサードリンク

自営業者が信販系の消費者金融でお金を借りるのは可能か?

自営業者は一般的にローンやクレジットの審査が不利だと言われております。

 

 

確かに自営業者は公務員やサラリーマンのように安定した職業とは言い難いです。

 

公務員やサラリーマンと違って収入が安定していないからです。

 

 

勿論、自営業者の中には安定した収入の人もいるでしょう。

 

しかし、自営業者全体を見るとやはり安定性が欠けるのが現状です。

 

 

日本の事業者の90%以上を占める中小企業や個人事業主の全体の半分以上は赤字だと言われております。

 

また新しく自営業者として事業を開始しても3年以内に8割以上が倒産すると言われております。

 

 

その事実からしても消費者金融会社にとっては自営業者は危なっかしい融資先と言えるわけです。

 

当然ですが固定収入で給料を貰っている公務員やサラリーマンより審査を厳しくします。

 

 

では信販系の消費者金融は果たして自営業者に審査が甘いのか?

 

そして信販系の消費者金融で自営業者はお金を借りることが可能なのか???

 

 

これから信販系の消費者金融でお金を借りたい人は気になる所ですよね?

 

この点は問題はありません。

 

 

多くの信販系の消費者金融会社は「自営業者でもOK」としております。

 

だから自営業者でも大抵の信販系消費者金融でお金を借りる事は十分に可能といえます。

 

 

但し、先ほども書きました通り、自営業者は本来収入安定性が不安視される業種です。

 

当然ですが信販系の消費者金融会社でもサラリーマンや公務員よりも自営業者は審査に落ちる確率が高いと言えましょう。

 

 

また審査が通ったとしても借りれる限度額はサラリーマンや公務員よりも劣る場合が多いです。

 

たとえば、サラリーマンや公務員が初回50万円借りれるところを、自営業者の場合は30万円位しか借りれないといったケースが多々あることを覚悟しておいてください。

 

信販系カードローン型の消費者金融は自営業者でもOKか?

最近、超低金利&超大口融資をウリに台頭してきた信販系カードローン。

 

 

オリックスVIPローンとか三井住友ゴールドカード、セゾンマネーカード、セゾンマネーカードゴールドなど。

 

最近では低金利で尚且つ大口融資の信販系カードローンが目白押しです。

 

 

 

金利の安さや最高限度額の多さは銀行カードローン並みに優れていて貸付条件なども申し分ありません。

 

有利な条件でお金を借りたい方にとっては是非使ってみたいと思う人もいるでしょう。

 

 

 

 

しかし、これらの低金利&大口限度額の信販カードローンは自営業者が借りるには少しハードルが高いです。

 

これらの信販系カードローンはどちらかというと高属性向けのカードローンであり、一流企業のサラリーマンや年収500万円〜クラスのサラリーマン、又は公務員等向けです。

 

 

 

ローンやクレジット業界では属性が低いとされている自営業者が借りるには少し骨が折れるところでしょう。

 

勿論、自営業者の中にも高収入で安定収入の人がいることは確かです。

 

そういう人は、信販系のカードローンでも問題なく借りれます。

 

但し収入証明などしっかりチェックされた上で審査が通り融資が実行されます。

クレジットカードキャッシング(信販系消費者金融)は自営業者でもOKか?

 

クレジットカードのキャッシング枠・・・・これも信販系の消費者金融の部類に入るでしょう。

 

 

では実際にクレジットカードのキャッシング枠は自営業者でも借りれるだろうか?

 

 

これは問題なく借りれるかと思います。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、先ほど取り上げた信販系のカードローンに比べて審査ハードルが低いといえます。

 

 

アルバイトやパートの人、派遣社員などの非正規雇用者の方でもキャッシングで借りれているので、自営業者でも借りれる人は多いかと思います。

 

 

 

ただクレジットカードキャッシングといっても、それこそ膨大な数のサービスがあります。

 

クレジットカードの種類の数だけキャッシングサービスの数もあると言ってよいです。

 

 

たとえばニコスカードにはニコスカードのキャッシングサービスが。

 

エポスカードにはエポスカードのキャッシングサービスが。

 

楽天カードには楽天カードのサービスが。

 

 

そうクレジットカードは世の中には数えきれないほど多くあります。

 

そして、そのクレジットカードにも審査の甘いクレジットカードもあれば、審査の厳しいクレジットカードもあります。

 

 

 

年会費無料で審査の甘い楽天カードやエポスカードならばキャッシングの審査も通りやすく自営業者の人も比較的お金が借りやすいでしょう。

 

しかし、ダイナースカードやJCBゴールドカードなどのステイタスが高いクレジットカードの場合はキャッシングの審査も厳しいので自営業者ではそうそう借りれるものではありません。

 

 

 

だから自営業者の方がクレジットカード・キャッシングでお金を借りたい場合は、年会費無料系の庶民でも取得できるクレジットカードに申し込んでキャッシング枠を付帯すると良いですね。

 

それならば自営業者でも比較的簡単にお金が借りれます。

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

アルバイトでも信販系消費者金融の審査に通るか?
アルバイト勤務の人(非正規雇用者)でも信販系の消費者金融の審査に通るか?
信販系カードローンの特徴(金利、限度額、審査基準)
信販系の消費者金融でもある「信販系カードローン」の特徴や貸付条件、審査基準について解説