免許証だけで借りれる消費者金融の実際と現実

スポンサードリンク

免許証だけで借りれる消費者金融の実際と現実と正体

最近多い免許証だけでお金が借りれる消費者金融

 

 

「収入証明が不要でお金が借りれる消費者金融」の事を言っているのですが、実際に本当に免許証だけでお金が借りれる消費者金融があるのでしょうか?

 

 

運転免許証は身分証明証の一つといえます。

 

クレジットカードや消費者金融、その他のローンでも本人確認で必要な書類といえます。

 

 

ただこれは免許証だけに限った事では無く、本人の書類が他にあればOKということでもあります。

 

 

従って、「パスポートだけでもOK」といえるし、「健康保険証だけでもOK」といえます。

 

自動車の運転免許証が無い人は、パスポートや健康保険証のコピーと提出することで消費者金融の審査が受けられます。

 

 

それにしても、収入証明書を提出しなくてもお金が借りれるとは画期的ですよね♪

 

 

 

免許証だけでお金が借りれる消費者金融や借りては限られている?!

 

免許証だけでお金が借りれる消費者金融って実際にどれくらいあるのでしょうか?

 

 

私が見たところ、それほど多くあるようには思えません。

 

また全ての人が「免許証だけでOK」と言う訳ではありません。

 

 

「免許証だけでOK」としている業者でも、借り手の属性や年収、職業、他社借入状況によっては「免許証」だけではダメで「収入証明書」が必要な場合もあります。

 

 

だから、「免許証だけでOK」という宣伝文句を額面通りに鵜呑みにすると後でがっかりすることがあります。

 

「えっ?!収入証明書が必要なの?話が違うじゃないか〜〜!」ということにもなりかねません。

 

 

 

免許証だけで借りれる消費者金融は限られていますし、免許証だけで借りれる人も限られているということです(一部の属性の高い人のみがその恩恵を受けられる)

 

 

 

免許証だけでお金が借りるのが難しい借り手の属性やタイプ

 

以下に当てはまる人は「免許証だけで借りれる消費者金融」といえども、収入証明書が必要な場合があります。

 

 

1)アルバイトやパートなどの非正規雇用者

 

 

2)自営業者

 

 

3)過去に事故歴などある人

 

 

4)多重債務者(他社借入が多い人)

 

 

5)勤続年数が短い人

 

 

6)現在、他社で延滞中の人、債務整理中の人

 

 

 

1〜6に当てはまる人は、免許証だけでOK(収入証明不要)の消費者金融といえども、審査時に収入証明を求められる場合があります。

 

スポンサードリンク